So-net無料ブログ作成

奈良散策。 [写真]

連休の中日の日曜日、かねてからの写真仲間のろばーとさんご夫妻が奈良に行くという連絡を受けて、私も同伴させてもらいにお邪魔しました。

当日は晴れ、だけども昨日からの強風のおかげで、黄砂が飛んできて、空は霞み、太陽さえもその輝きを失って、まるで夜の月のよう。

せっかく雨も降らずにいい天候に恵まれた、と思いいていただけに、とっても残念な思いを胸に一路奈良を目指しました。

近鉄鶴橋駅でyasuさん、督助さんと合流。

奈良の待ち合わせ場所にはすでにろばーとさんご夫妻とKenclipさん、京都の金魚さんが待ってられ、とりあえず、いつもの喫茶店ミーティングで、近くのミスドに。

今日のルートは関西人の僕より奈良に詳しい、ろばーとさんのコーディネート。

まずは興福寺を抜け、東大寺へと向かいました。

IMGP0823.jpg

東大寺では二月堂にあがり、東大寺の広い境内を堪能。

IMGP0826.jpg

皆さん、早速、撮影に励みます。

IMGP0828.jpg

東大寺の境内の中にある食堂で、早めの昼食を済まし、お店を出ると、少し青空が見え出してきました。
若草山の麓を歩き春日大社手前の森の中には木漏れ日を受けた鹿の姿も。

IMGP0831.jpg

春日大社も結構たくさんの人がお参りに来られてました。
春日大社から、いよいよ、本日の僕の中でのメインイベント、新薬師寺へと足を進めます。
少し前に会社の同僚と切手の図柄が話題になり、500円切手の絵はなんだろうということで、調べたところ、新薬師寺の十二神将の一人、バザラ大将であることを知って、一度、見たいと思いを馳せていたのですが、案外、奈良は近くて遠く、北摂に住む自分は一人ではなかなか行けなかったのです。

この機会を与えてくれた、ろばーとさんには感謝です。

Kenclipさんに単眼鏡を借りて、じっくりバザラ大将を見させていただきました。

その後、奈良市東部の山なみ、高円山のふもとにあるという百毫寺へ向かいました。
体力の衰えを感じている自分には、結構、きつい石段をあがると、そこは奈良市内を一望できる絶景ポイント。
遠く、興福寺の五重の塔が見えました。

IMGP0834.jpg

このお寺は本尊、阿弥陀如来のほかに閻魔大王の像もあり、なんとなく不思議なお寺ではありましたが、初春の椿、秋の萩などが有名なお寺のようです。

IMGP0836.jpg

次の目的地は、再び新薬師寺の前を抜け、その裏手にある奈良市写真美術館。
写真家、入江泰吉さんの写真展、大和路巡礼Ⅲ-飛鳥の里ーが開催中でした。

少々歩きつかれた我々でしたので、ここの喫茶スペースで珈琲をいただき、しばし、休憩。
この時間になると、空もすっかり黄砂が抜け、青空が広がっていました。

入江泰吉さんという写真家のお名前は存じ上げてなかったのですが、昭和20~30年代のモノクロ写真とその後のカラーで撮られた飛鳥の写真。モノクロは記録的な意味合いを感じ、カラーの方は、とっても綺麗な作品という印象を受けました。

小学館文庫から彼の写真を中心とした書籍も出ているようですので、機会があれば手に入れたいと思います。

さて、美術館を後にすると、そろそろ風が冷たくなってきていました。薄着のyasuさんと金魚さんはとても寒そうで、熱いものを一杯やりたいとつぶやきながら、なら町方面へ歩きはじめました。

なら町でろばーとさん夫婦はお土産をゲット。しかし、本当に奈良に詳しい・・・。
ここで橋本さんが仕事を終え、合流されました。

しかし、我々の頭はすでに写真よりも大和地鶏を食べながらの宴会モードに突入してまして、橋本さんには悪いことをしました。

ろばーとさんが案内してくれたこのお店、とってもおいしかったです。
そこで約2時間半、飲めや騒げやの楽しい時間を過ごさせていただきました。

IMGP0837.jpg

ろばーとさん、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
そして、関西バルナック&ハーフの皆さん、やはり、このメンバーは楽しいです。

また、行きましょう!!

追記:
今日もろばーとさんご夫妻は奈良をミモパワーさんとまわられているはず、ご一緒できなくてすみませんでした。
今日は天気も絶好だし、また、写真楽しみにしていますね。


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 10

督助

今回の収穫は奈良市写真美術館での”花の撮りかたワンポイントアドバイス”でした。カメラの構え方から、たて・よこのちがい、レフ板(白い紙一枚)を使ってみよう!まで大変勉強になり、普段の皆さんからのアドバイスは私には早過ぎると感じました。基礎から勉強をしないとやっぱり駄目ですね。
by 督助 (2010-03-22 22:41) 

yasu

入江泰吉さんは大和路と花の写真がお得意と思ってましたが、花は秋山庄太郎さんだったかもしれませぬ。
それにしてもどの写真も最低中判からのオリジナルプリントだけあって、大きく伸ばしてもきれいでした。

私もwebではなくプリントする、それも大きくプリントして見たくなりました。
また、大川の桜が開花したら散策しましょう。
by yasu (2010-03-23 18:25) 

Kenclip

お疲れさまでした。
それにしても楽しい一日でした。
また、暖かくなったらみんなで遊びに…否、撮影に行きましょう!
by Kenclip (2010-03-23 18:47) 

ろばーと

今回はお付き合い頂き、ありがとうございました。
最高に楽しかったですね。
これを機に奈良も廻ってみて下さい。
きっと楽しいですよ。

またよろしくお願いします。
次は何処行きましょうかね?
by ろばーと (2010-03-23 21:44) 

ミモパワーOM-1

社会人になりたての右も左もわからなかった頃に
入江先生とお会いした事があります。
ただの使い走りでした。
場所は高麗橋の吉兆でした。
ですから入り江先生の記念館は行ってみたいと思っているのですけれど、まだ果たしておりません。
僕もその内に行くぞぅー。
(いつになる事やら?)
by ミモパワーOM-1 (2010-03-24 00:23) 

tora

督助さん、

>普段の皆さんからのアドバイスは私には早過ぎると感じました。
それはたぶんに督助さんが、「常人とは違う」感性をお持ちだから
でしょう。

型にはまった写真は似合わない。

黒のレフ板でも使ってみては?(笑)
by tora (2010-03-24 07:02) 

tora

yasuさん、
お疲れ様でした。いやいや、久しぶりに歩いて、ふともも筋肉痛になりました。

入江泰吉さんは自分のつぼにはまりました。
昨日、帰りに本屋に寄って、小学館文庫から出版されている「私の大和路」
秋冬紀行、春夏紀行を大人買い?しました。
by tora (2010-03-24 07:04) 

tora

Kenclipさん、
本当に楽しい一日でしたね。
Kenclipさんに借りた単眼鏡でのぞいたバザラ大将、胸に焼き付いて
おります。
早速、ネットで検索したところ、ケンコーの単眼鏡が1,000円以下で
出てたのでぽちっとやっちゃいました。
まぁ、ケンコーだから粗悪品ではないと信じて・・・。
by tora (2010-03-24 07:07) 

tora

ろばーとさん、
お疲れ様でした。このような楽しい機会を与えてくれたろばーとさんに
感謝!!
奈良もなかなかいいと今回の撮影行を終えて思っております。
また、足を運んでみます。

いちおう、関西人ですしね(笑)
by tora (2010-03-24 07:08) 

tora

ミモさん、
今回はご一緒できず、残念でした。
入江さんとご縁があったとは羨ましい限りです。
ただ、今回の撮影で初めて知った方なのではありますが・・・。

4月から新たな展示があるようです。
ぜひ、訪れてみてくださいね。

うちももう一回行きたいと思っています。
by tora (2010-03-24 07:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0