So-net無料ブログ作成
検索選択

にわかハルキスト? [日記]

ノーベル賞の時期になると、いつも名前があがって世間が騒ぎ出す、村上春樹氏。

正直言って、彼の小説は読んだことはない。

小説以外では地下鉄サリン事件の被害者取材をとりあげた「アンダーグラウンド」

アイラウィスキーを訪ねて書かれたエッセイ「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」

の二冊を読んだくらいである。

いわゆる読まず嫌いというやつだ。

最近では電子書籍化される小説も増えているようだが、紙媒体と同じ価格なのでいまいち買う気が起きない。

ちょうど「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」を読み終えた頃だろうか、彼のデビュー作「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」の二冊を梅田の紀伊国屋で購入したが、なかなか読み始めることができなかった。

いや、正確には「風の歌を聴け」は読み始めたのだが、途中で投げ出してしまっていたのだ。

今、街の本屋は彼の長編「騎士団長殺し」で溢れかえっている。

ふと、そんな光景を目にして、いまいちど「風の歌を聴け」を読み出した。

買ったはいいが、読む気にならなかったこの本。いつの間にか読み進めている自分がいた。

おまけに本の影響か、急にFMが聴きたくなってラジオのスイッチを入れたり。

なんだか、高校、大学の頃を思い出される懐かしい気持ちに浸ってしまった。

とりあえず、もうちょっと読んでみよう。

azzurro verdura

グランフロント大阪 SONY RX100mark4
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0