So-net無料ブログ作成

キャンディッドフォト [日記]

僕の中での位置づけでは、スナップショットの範疇の一部に含まれている、と考えているのが「キャンディッドフォト」である。

「キャンディッドフォト」とは、被写体に気づかれることなく自然な姿勢での写真を撮るという、撮影方法のひとつとのことだ。

が、この撮影方法は一歩間違えば、盗撮となんら変わることなく、場合によっては職務質問されるケースもある。

少し前、警察特番のような番組で、京都の清水寺で女性の写真を撮影していた男性が、交番に連れていかれて念書を書かされる、というものを放送していた。

撮影する側からすると、警察の行為はやり過ぎで横暴だと感じたのだが、その危険性もある、ということは理解できる。

このように盗撮と「キャンディッドフォト」との線引きは非常に難しいものがあるようにも思う。

自分なんか、別に歩いているところを撮られても(撮られることはないが)別に気にならないのだけど、女性の場合、デリケートになるのはわからなくもない。

しかし、街撮りスナップをする者にとって、人の存在は偉大である。街には人がいてはじめて写真に躍動感が生まれる。

そして、シャッターを押した瞬間は唯一無二の瞬間であり、同じ写真を誰も撮ることはできない。

祇園祭


これってやっぱり撮る側論理なのかな・・・。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

Neoribates

少なくとも刑事案件ではないからそもそも警官が出てくるのがおかしいと聞きました.わいせつ系,傷害を含まないなら民事だから不介入でしょ,とまず言いなさいと知り合いの警官に言われたことがあります.
それにしても,不自由な世間になりましたね.
by Neoribates (2017-07-26 23:12) 

tora

Neoribatesさん、
なるほど~~~、確かに言われてみればそうですね。
わいせつ系が含まれていればアウトでしょうけど。
普通に撮影していたら問題なしなのかな~。
本当に、不自由な時代です。
みんながみんなその立場で権利ばかりを主張している時代ってことなのかもしれませんね。
by tora (2017-07-27 06:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0