So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の仕事もいよいよ大詰め。 [日記]

今年の仕事もいよいよ後二日となりました。
明日は大掃除もあるので、ほぼ、今日で終わりといいたいところですが、本日は約5時間弱、会議に拘束されるので、バタバタしそうです。

会議も身のあるものになるなら、モチベーションもあがるのですが、できなかったことの言い訳ばかりじゃ、明るい未来も見えず、かといってできる可能性も、その根拠も示されないものを、できると言われるのもなんだかな~っと思う次第。

まぁ、皆さん日頃の仕事に追われている人がほとんどなので、なかなか、会議に向けて準備周到にはいかないでしょうけど、準備していない会議ほど無駄なものはありません。

と僕は思います。

ま、今年一年、こと会社に関しては理不尽さに振り回された年でした。

同じ課(いちおう課長なんですけど)の人間になんの相談もなく、一方的な人事を言い渡され、どうして、一言、事前にないんですか?と聞いても、人事権はこちらにあるのだから、文句があるなら辞めてもらってもいい、と言われたり。

確かにこちらにそんな権限はありませんが、そこは人と人とのつきあいだと思うんですよね。逆に権限を振りかざすのであれば任された責任を果たしてもらいたいと思うのは、間違っているでしょうか?経営側として、しかるべき結果も残せず、権限だけを振りかざすのは何をかいわんや、だと思うんです。

密室で部長を含めて、なにやらやって、というのは風通しが悪すぎます。もちろん、そうでなかったとしても、そう周囲から勘ぐられるようなやり方はやめるべきです。

しかも、正しい意見を述べた人間を、誰が見ても懲罰的な人事で異動させるなんて言語道断だと。

結局、その人は退職しましたけど、自分の耳に痛いことを言ってくれる人がいなくなったら、人間として駄目になっちゃいますよ。

おっと、こんなことを書くつもりはなかったのですが、つい、勢いで書いてしまいました(笑)

ま、これらのことを反面教師として、自分を磨き上げていきますか。

『論語』に

子曰、
「吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。七十而従心所欲、不踰矩」。

とあります。

自身、まだまだ天命を知る境地には至ってはおりませんが、めざすところは「七十而従心所欲、不踰矩」の域。

【自分のしたいと思うことをそのままやっても、人の道を踏みはずすことがなくなった】と思えるようになりたいものです。


北浜

北浜 Fujifilm X10 f5.0 1/1100s ISO100 85mm相当

すべての人を納得させるのはまず無理でしょうけど、ほとんどの人が納得できない施策、特に制度に関しては、特に今後未来永劫に続いていくものであるのなら、やめた方がいい。

逆に絶対それが人の道にはずれていないという自信があれば、他者を納得させるのは容易いことでしょう。

少なくとも自分は物事の判断を求められた場合、その判断のものさしを持つように努力しています。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスイブの過ごし方。 [日記]

と言っても、格段、特別なことはなく。

いつものように会社を出て帰宅。

夕食を買うべく近所のコープに寄ったら、クリスマスパーティ向けのお惣菜ばかりで、単身者用なものはほとんどなく、仕方なしに量少なめのローストビーフサラダを買って、後はスパゲティミートソース。

Facebookの友人たちの「ケーキ食べました!!」的報告写真を、自分も食べたような気分になって、それを肴に夕食。

夕食後、チーズをつまみにジャックダニエルの水割りでもと用意していたけど、スパゲティを茹ですぎておなかいっぱいになって、それも断念。

効かないエアコンのおかげで寒さに震え、9時に暖をとろうと布団に潜り込み、そのまま寝てしまったという。

ここ数年、まったく同じパターン。

ちなみに大晦日もほとんどこのパターンなのであります(笑)

堺筋

堺筋 Fujifilm X10 f5.0 1/125s ISO100 30mm相当

よく見ると自分が映ってら。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三連休も終わって。 [日記]

今年、最後の?三連休も終わって、後は年末に向けて突っ走るのみ。
とかいいながら、何気にスパートが切れない自分がいるわけですが。

そうは言っても、年末調整、月末の支払、決算と仕事は山積。

休みが多いと嬉しいけれど、その反動が絶対くるので、よしあしです。

今年の仕事面を振り返ってみれば、会社という組織の理不尽さが身に沁みた年でもありました。

生活の維持というものを人質に取られて、自分を押し殺す毎日。

それが会社にとっては是であっても個人にとっては必ずしも是ではない。
しかるに会社は会社にとって是であることを選択する。

しかし、長い目でみると、それは必ずしも是ではないことに気がついてもらいたかったようにも思います。

先日、紹介した「ピーターの法則」

本当に階級社会においては間違いのない法則だとも理解できた一年でもありました。

他人に目がいってしまいがちですが、振り返ってみるに、自分が力不足なのかもしれません。

とまぁ、なんと後ろ向きなことばかり書きましたが、こんなことは今年限りにして、来年は前向きに行きたいものです。

無理かな?(笑)

あ!まだ一週間ありましたね。

中之島

中之島 Fujifilm X10 f5.6 1/1900s ISO100 118mm相当

あのヘリのようにぷかぷかと飛んでみたい^^
あ?見えますか?ヘリコプター。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

街はクリスマスモード? [日記]

先々週あたりから御堂筋にもイルミネーションが灯り始めました。

中之島、大阪市役所周辺では「光のルネサンス」が開催されているそうです。
おそらく神戸ではルミナリエも始まっているんだろうな。

ということはキタやミナミの繁華街はクリスマスムード一色なんでしょう。

個人的にはほぼ同じ経路を、決まった時刻に通勤するという、型にはまった行動しかとっていないだけに、そんなクリスマスムードとは無縁な場所にいます。

会社が前の箕面にある時も、バイク通勤だったこともあって、そんなムードはほぼ皆無。

まして、12月のこの時期は仕事が一年で一番忙しい時期なのです。

入社したての頃にはラジオから流れるクリスマスソングを聴きながら、徹夜したこともあったっけ。

今朝から通勤時に聴いている音楽をクリスマスソングにすることにしました。

ま、そんなところくらいでしかクリスマスを感じることができないのも寂しい話ではございますが・・・。

今年のクリスマスも平々凡々に過ぎていきそうです。

華やかなクリスマスに憧れているんですけどね~^^ 過去にあったっけ、そんなの?って感じ(笑)

中之島

中之島 Fujifilm X10 f8.0 1/350s ISO100 28mm相当

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピーターの法則 [おすすめっ!!]

ページをめくるといきなり目にする衝撃的な言葉(笑)

「階層社会ではすべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する」

「やがて、あらゆるポストは職責を果たせない無能な人間によって占められる。仕事はまだ無能レベルに達していない人間によって行われている。」


カナダ生まれの教育学博士、ローレンス・J・ピーター氏と、同じくカナダ生まれの小説家レイモンド・ハル氏の共著。

お二人ともすでにお亡くなりになられているが、ピーター博士がこつこつと積み上げた研究をハル氏が知ることになって、世に出た法則のようである。

優秀な営業マンが、課長、部長と昇進を遂げていった結果、部長としては無能だったという、会社組織においてはよくある話。

どうでしょう?あなたの身の回りにそういう方はいませんか?
あるいは自分自身がそうだったりということもないでしょうか?
私も他人様のことは言えません(汗)

私のようなしがないサラリーマンにとって、この本は溜飲を下げる本といえるかもしれませんが、逆に言うと、自分も今無能レベルに到達しつつあるのではないかという恐怖心もあります。

もし、手に取る機会があればご一読をお薦めします(笑)


peter.jpg

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

冬至。 [日記]

話題がいきなり冬至。

2013年は12月22日(日)がそれに当たるそう。
言うまでもなく、「一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日」です。

なぜ、このような話題を出してきたかと言うと・・・。

実はFacebookで、8月くらいから毎朝出勤時の写真をポラロイド風にして日付とともにアップしているのですが、ここ最近は真っ暗闇で、毎日が同じような写真ばかり。

少々、ネタきれ状態なんです。

で、やはり明るくなるとそれ相応に変化があって、まだ、飽きることがない。

というわけで、朝が早く明けるようにならないかな~っと。
で、冬至となったわけです(笑)

でも、自分の記憶の中では2月くらいにならないとまだ6時頃は真っ暗だったはず。

つまり、後、2ヶ月は同じような写真が続くわけです。

土日、休日の際はしてませんが、毎日、同じことを続けるって、案外に困難というか、難しいものだと実感している次第です。

写真家の菅原一剛さんが2002年くらいからずっと「今日の空」を撮り続けてられると聞いて、いや~、凄いなと思いました。


中央公会堂

中央公会堂 Fujifilm X10 f8.0 1/280s ISO100 約28mm相当。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第31回吹田市合気道演武大会 [合気道]

寒風吹きすさぶ日曜日。
吹田市立武道館「洗心館」に第31回吹田市合気道演武大会を観に行ってきました。
私自身も一昨年の3月まで、吹田市合気道山田教室に通っていましたが、現在は居住している豊中市の教室に通っています。

吹田市の教室にはおよそ15年近く足を運び、その約半分の期間を親睦会の幹事をしていたこともあって、足を運ぶことがなくなっても、皆さんに仲良くしていただいています。

来年は(鬼が笑いますが・・・)、久しぶりに合宿にも参加しようかな?なんて現時点では思ったりもしてます。

録画はRicoh CX2で撮りましたので、それほど綺麗な画像ではないのが残念ですが、そのおかげで顔は不鮮明(その方が都合がいいかな?)ですが、ま、動きはわかるので十分でしょう。

個人演武はその方達のOKをもらえていないので、団体演武を掲載させていただきます。

試合等のない(ある団体もありますが)合気道において、日頃の鍛錬の成果を見せる場が演武会です。

また、演武会にむけて、テーマを決めて稽古を積み重ねますので、演武会前と後では技が変わってきたりする場合もあります。もちろん上達するという意味で。

特に個人演武になると下手な演武はできないというプレッシャーもあって、緊張しがちですが、最近ではそういう緊張感を持つ機会もありませんので、それを楽しむというのもまたいいことだと思います。

吹田市合気道教室は土曜日、日曜日の午後7時半から8時半まで、それぞれ山田、南吹田の体育館で行われています。

吹田市内在住、在勤の方で興味のある方は、一度のぞいてみてはいかがでしょうか?


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ぼかしコントロール  Fujifilm X10 [写真]

Fujifilm X10は35mm版換算で広角28mm望遠112mmのマニュアル望遠ズームがつき、レンズの開放値もf2.0~f2.8と明るいものを持っています。

ただ、何も考えずに撮っていると、レンズが明るくても暗いところではブレブレになったり、ボケも、さほど・・・、といったちょっとガッカリな結果になってしまうことも多々ありました。

で、写りが好みなのに勿体無いな、とばかりにマニュアルとにらめっこ。

はい、正直言って、マニュアルをあまり見ずに使い出す人だったんです。

すると、ぼかしコントロールとかいう機能があるじゃないですか!!

ネット上の情報ではなかなか使いこなすに難しいと書かれているものもありましたが、これは一度チャレンジせねば!!(って、発売から何ヶ月(年?)経ってるの?)と室内でごそごそ。

そして、先日の大阪そぞろ歩きにてチャレンジしてみました。

本町

本町界隈 Fujifilm X10 f2.5 1/420s ISO400 約55mm相当。

まぁ、見れますね。

大阪散策の途中ですが・・・。 [京都めぐり]

すでにFacebookでは報告済みな話で、繋がっていただいている皆様には、「なんだ、またか・・・」と思われるかもしれませんが・・・。

本人、浮かれていますので、こちらでも載せちゃいます。

だって、嬉しかったんだもん!!

11月に足を運んだ紅葉京都、その第二段で南禅寺から真如堂へ行きました。

その際に南禅寺で撮った写真を、南禅寺さんのHPの「NANZEN SHOT」に投稿したところ、今月の表紙に選んでもらいました。

正直、競争率はそれほど高くないみたいで、紅葉前に同じ場所と思われるところから撮られている写真も投稿されて、11月の表紙を飾られていたので、二番煎じ感はぬぐえませんが(汗)

でも、素直に嬉しい!!

臨済宗大本山 南禅寺

http://nanzenji.com/

nanzenji.jpg

で、嬉しさのあまりにPCの画面をコピーして貼っちゃったけど・・・、まじぃかな?^^;
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

街撮りスナップは楽し!! Fujifilm X10 [写真]

綺麗な風景の写真、見るのは何よりも大好きだ。
だけど、自分が撮るとなると、じっくり時間をかけて、何度も何度も同じ場所に通い、シャッターチャンスを狙う・・・ってことが出来ない。

つまり、心が動いた写真と同じ様な写真を撮りたいと思っても、現在の自分には不可能に近いのである。

したがって、自分が撮る写真は一か八かの一発勝負、テーマもくそもない、当たれば儲け物的な写真が多い。

下手な鉄砲数うちゃ当たるである。

それでも以前に比べると、目のつけどころというか、切り取り型というか、そういったところが変わってきているんだろう。

館長さんに「最近、だいぶ腕をあげたな~」なんて言われ、調子に乗ってしまうのだから、単純だ。

そう、誉められて伸びる人なんです(笑)

街撮りスナップは偶然に偶然が重なるところが面白い。

まぁ、昨今では顔出しとかにとかく注意が必要な場合もあるが、自分の撮った写真にはそれほど顔のアップもなく、その人を撮ったというものも少ないので、あまり問題にはならないとは思う。

が、そういうことは肝に銘じておかないとな、とは思う。

友人なんかたまたま雰囲気のいい交番を撮ってて、職質受けてたからな~(笑)

笑い事じゃないけどね。


府立中央図書館

府立中央図書館 Fujifilm X10 f8.0 1/13s ISO100 約90mm相当。

ちょうど中央図書館はあのシンボルとも言うべき重厚な門?が工事中だった。