So-net無料ブログ作成

内部監査。 [日記]

先日、親会社の監査室による内部監査が行われた。
内部監査というと、受ける側は厄介なやつらが来ると戦々恐々とするが、個人的にはどんどんやって悪いところは指摘してほしいと思う。

別に親会社に「よいしょ」しているわけではない。

昨今の企業の不祥事、不正や倫理的に筋の通らないことをやっていたら、企業の
存亡の危機に陥るという事例を数多く見るにつけ、正しいことを正しくする、そういうことが会社の経営には必要不可欠だと思うようになった。

もちろん、自分は経営者ではないので、単にそう思っているだけではあるが。

したがって、ちょっと横道にそれている、そういうことを修正する意味でも内部監査は重要な役割だと思っている。

もちろん、手間だけかかって、結果が変わらないものに対しては、異論を唱えて要領よく、正しいことをする方向へと持っていくことも大切で、何が何でも受け入れるという意味ではない。

もう、ずいぶん昔の話になるが、京セラの創業者稲盛氏の「実学」を読ませてもらったことがある。

その中で一番心に残っているのが「ダブルチェックの原則」だ。

要は性悪説に基づくものではないが、人は弱い者である、ということを前提に、不正が起きないシステムを構築することで、人を守るためのシステムの大原則といったところだろう。

実際に魔がさすということは起きる可能性はある話であるが、どう考えてもそれができないシステムであれば、罪を作ることもないということだと思う。

こういう心構えは会社のシステムだけでなく、管理職と呼ばれる立場にいる人は肝に銘じておくべき話ではないだろうか?

心斎橋

Ricoh GR f4.0 1/250s ISO800

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高野悦子「二十歳の原点」 [日記]

先日よりKindleで高野悦子の「二十歳の原点」を読んでいる。
確か文庫本でも購入していたはずだけど・・・。行方知れずである。

最初に触れたのは高校時代。

倫理の先生が立命館卒ということもあったのも理由なんだろうが、教材として取り上げられた。

しかし、五無主義全盛期の我々世代、ほとんどの生徒は何も感じることはなかったのではないだろうか?
少なくとも自分は何とも思わなかった。

学生運動たけなわの時代、仮に自分が存在していたら、どのような感じで流れていったか、想像もできない。

群集心理にひきずられ、デモに参加とかしていたのだろうか?
それとも執拗に勧誘してくる団体に敵意を抱いて、距離を置いていたのだろうか?

おそらく後者だろうな。基本的にはノンポリだし。でも、巨大な国家権力に抵抗するという大義名分に酔いしれ、溺れていたかもしれない。

まだ、途中ではあるが、Kindleで気になった箇所にハイライトを入れて、後で読み返したり、シェアしたりしていると、胸に沁みこんでくる言葉があちらこちらに落ちている。

しかし、二十歳でこの感覚というのは、やはり常人ではない何かをお持ちだったんだろうなと思う。

「人間は完全なる存在ではないのだ。不完全さをいつも背負っている。人間の存在価値は完全であることにあるのではなく、不完全でありその不完全さを克服しようとするところにあるのだ。人間は未熟なのである。個々の人間のもつ不完全さはいろいろあるにしても、人間がその不完全さを克服しようとする時点では、それぞれの人間は同じ価値をもつ。そこには生命の発露があるのだ」
高野悦子「二十歳の原点」より


高野川

EPSON RD-1xg & Nokton classic 35mm f1.4 MC

読みながら、自分は、彼女のように、自分と向き合ったことはない、とふと思った。
でも、それが自分自身だとも思う。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モチベーションがあがらず。 [日記]

非常に気分がだだ下がりな状態である。
しかし、俗に言う「鬱」などという状態ではない・・・とは思う(笑)

まぁ、なにごとにも山谷はあるものだし、上がる時もあれば下がる時もある。

そうやって、およそ半世紀生きてきているんだから、いまさら、どうこう言うことではないんだろうな。

今朝は雨だけど、とっても暖かい。

桜が一気に開花しそうだな。

加茂川

EPSON RD-1xg & Nokton classic 35mm f1.4 MC

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

引き篭もり気味の三連休 [日記]

待ちに待った三連休!!

楽しみにしていた三連休!!

しかし、終わってみると、写真をほとんど撮らなかった。

決して花粉症でもなく、鬱でもありません。

初日の金曜日は、もともと部屋の掃除なんかにあてるつもりでいたし、結構、外も寒くて風も冷たかったので、出る気は毛頭なかったのですが、土曜日、日曜日は絶好の行楽日和だったといのに・・・。

なんせ、出発するまでの、たとえば行き先、デジタルか銀塩か、カメラは何?フィルムだったら、レンズは・・・etc、と考え出すと、答えが出ずに何やら気分的に億劫になってしまうのです。

駄目ですね~~~~、こんなことじゃ。

ま、今週末辺りから桜の開花状況も耳に入ってくるでしょうから、多少、モチベーションがあがることを期待しましょう。

心斎橋

心斎橋 Ricoh GR クロスプロセス

でも、三連休の最後の昨日、合気道仲間の女性からお誘いを受けて、隣町で一献。

結局、三連休で外出したのは、食事の買出しと合気道の稽古とこれだけでした。

ははは・・・。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フルサイズ・・・。 [写真]

EPSON RD-1xg

先日のエントリーでEPSONのRD-1xの生産中止のことを書きました。

それを知った少し前にいつもM-Monochromeで撮影した素晴らしい写真をBlogにアップされているvoyagers-xさんが、RD-1xのことを書かれていた。


「Voyagers.....」
http://voyagers.exblog.jp/

ぜひ!voyagers-xさんがRD-1xで撮影した写真を見てみたいものだと、勇気を振り絞ってコメントしたのだが、そのすぐ後に生産中止のことを知って愕然としてしまったのである。


その後のエントリーを読ませていただくと、はや品薄になっているということらしい。

もともと、それほど出る商品でなかったのも事実だと思うが。

RD-1の後継機でフルサイズが出れば・・・などと妄想するけど、まぁ、99.9%ないだろうな・・・。

産寧坂

産寧坂付近 EPSON RD-1xg & Summarit 5cm f1.5

塗香 [お気に入り]

半月ほど前に「塗香(ずこう)」というものを手に入れた。


月刊「京都」という雑誌にこの塗香のことが取り上げていて、どうも身を清めるという意味合いで掌などに摺りこむものらしい。

すぐ、形から入る自分は、合気道の稽古の前にいいんじゃないかな?と思ったのである。

雑誌には写経を行う前に心身を落ち着かせるために・・・というようなことが書いてあった。

ごく少量を掌におとし、すりあわせる。

するとどこかで嗅いだことのある香りがふわっとしてきた。
線香の香りともまた違う感じだし。

しかし、いつどこで嗅いだのか・・・思い出せない。



そして、今朝、ふとその香りが何の香りだったのかに気がついたのである。



風邪に「改源」の臭いだった!!(^^;

伊居太神社

伊居太神社 Ricoh GR
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ついにRD-1系生産終了!! [写真]

先日、EPSONから「RD-1xg」の在庫限り販売、生産終了のアナウンスがあったようだ。


「デジカメWatch」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140317_639952.html

「エプソンプロセレクションブログ」
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2014/03/r-d1xg-275a.html


今でこそデジタルで、L、Mマウントレンズを使用するのに、Leica本家のフルサイズ機をはじめ、アダプターを使用してフルサイズ、APS-Cサイズ、マイクロフォーサーズなど選択肢が多くあるが、このカメラが出た頃はおそらく唯一無二の存在だったのではないかと思う。

しかし、何を隠そう、僕はその当時のことをまったく知らないし、RD-1に対する興味もなかったのである。

おそらく、その頃というと「Leicaは手の届かぬもの」というイメージが強く、RD-1にまったく触手が動かなかったのではないかと想像する。

ひょっとするとオークションにも手を出していなかったかもしれない。

月日は流れて、やはり、行き着くところに着いてしまった感がある。

銀塩のバルナックから始まって、M型もM6に手を出してしまった。
Leicaレンズの良さを出すレベルではないけれど、やはり憧れのLMマウントのレンズである。純正はもちろん、他メーカーの物もある。


そして、レンズがある程度増えてくると、やはり、これらをデジタルで使いたいという気持ちも出てくるのは時間の問題だった。


そして、このエントリーとあいなったのである。


「衝動買いの記録・・・。」

http://ogranphotoclub.blog.so-net.ne.jp/2011-08-18



独特の写りに、独特の操作感。
何よりレバーを引いてのシャッターチャージは、そのリズム感がたまらない。

個人的には、カラーであればGR-Lens 28mm f2.8とのコラボが好みである。
Summaritでもいい感じだった。

本当のところ、これを売って・・・・と考えていた時もある。

でも、製造中止となると・・・やっぱり・・・売れないよね。

河合神社

河合神社 EPSON RD-1xg & Summarit 5cm f1.5

やっぱり、Kindleやね。 [お気に入り]

このブログでも何度か書いているけど、電子書籍の端末、Galapagos、Reader、Kindleを比較すると、自分にはKindleが一番合っている。

ただ、専用端末ではなく、iPhone、iPadで読むならGalapagosアプリでもなんら問題はない。

Readerは現時点でiOS系では小説類が読めないということもあって、問題外。

しかし、Sonyって会社はどうも囲い込みが好きなようで、なんだかな~って感じが強い。

高校時代、ウォークマンといえばSonyだったけど、Vaioが出だしてから、囲い込み感を強くもって、Sonyを敬遠するようになった。

おっと、話がそれた。

住み分けとしてはComic、雑誌を読む場合はGalapagos storeで購入してiPad miniで、小説はKindle、もしくはiPhoneのKindle Appで読むという流れになってきている。

Kindleの優位点は読んでいて、記録に残したい文章を、専用のサイトに残すことができるという点。

もちろん、他の電子書籍でもそのようなサービスがあるのかもしれないが、よく知らないし、調べることもしていない。

というのも、Kindleで十分だと思っているから。

自分がハイライトでマーキングしたものを、後で読み返すのはとっても楽しいし、言葉に力をもらえる気がする。

このようなサービスがあるのかどうかは知らないが、テキストファイルに飛ばせたら、もっと楽しみが増えそうな気がするな。

読書で得た力。

きっと、何かの際に自分を元気つけてくれることだろう。

心斎橋

心斎橋 Ricoh GR
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱ、プロは違うな~。 [写真]

天気予報では暖かくなるとのことだった、この週末。
天気は良かったけれど、なにやら空が霞んで、外出して写真を撮りにいこうと言う気分にならなかったこともあり、ほとんど引き篭もりで、読書をしたり、音楽を聴いたり、昼寝をしたりして、ぐうたらに過ごしてしまった。

空の霞は、黄砂なのかPMなんとかというやつなのかは知りませんが、もやっとした感じで気分がすっきりしないもんです。

最近、デジタルで、モノクロ写真を撮ることがMyブーム。

しかし、自分の好みとなると銀塩でもそれほどモノクロ写真を撮ったこともなく、もちろん、現像、プリントなどしたことのない身では、何をもって、自分の好みとするかがわかっていない。

立ち位置がしっかりとしていないと、例えばRAWで撮って現像しても、ぴんとくるものがないわけです。

カメラの設定を弄んだりするのですが、これも同様。

そんな中、Facebookで写真家の内田ユキオ氏が、X-pro1で撮影された写真の設定を惜しげもなく紹介されていました。

普通ならあまりそういうことは企業秘密とばかりになりそうなので、いい写真があっても設定までを質問するのはこちらも遠慮してしまうのですが、彼の場合、ネットの魅力はシェアすること、オリジナルに敬意をはらってこそだけど、公開することで皆が育ててくれる・・・という主旨のコメントも残されてました。

凄いな~~~!!

きっと、設定以外の部分で他人にはできない何かをもたれている自負があるんだな~っと。
やっぱりプロは他人には単純に真似することのできないそういうものをお持ちなんでしょうね。

そういえば、ずいぶん昔にほっけさんと京都へ紅葉を撮りにいった際に、三脚をたてて、アマチュアカメラマンが通ると声をかける「自称?プロ」のおじさん。
ほっけさんにファインダーをのぞいてごらんと言いながら、すぐに「はい、ここまで、私もプロだから」と出し惜しみ?していた件を思い出しました(笑)

本町

本町 Leica X2

三寒四温 [日記]

昨日は日中、雨風ともにひどかったみたいです。

「みたいです」というのも、自分は仕事でずっと事務所内にいるので、外の様子をリアルで感じることがなかったわけで・・・。

夕方、外にでるとなんとなく生暖かいような、でも、風は冷たいような、妙は感じではありました。

今朝は一転。

大阪も冷え込んでいて、手がかじかむくらい。

そして予報では日曜日からまた暖かくなるらしい。

「三寒四温」

これを繰り返して春を迎えるわけですね。


とは言え、もう3月も半ばです。

早いですね。


心斎橋

心斎橋 Ricoh GR ブリーチバイパス

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感