So-net無料ブログ作成

ウィスキーがお好きでしょ? [日記]

いやいや、日本酒も、ビールもお好きです。(量は飲めないけど・・・)

なんて思いながら、居酒屋や小料理屋には足を何度も踏み入れたことがあるけれど、どうもBarってところは敷居が高かった。

もう、人生50年生きてきて、十分な大人なんだが、Barはおれらみたいな若造が行く場所ではない、そんな気がしてたのも事実。

いや、若造なんて思っているのは自分だけかもしれない。だが、外観はともかく・・・・中身は・・・。

ショットバー的なところには数回連れていってもらったけれど、どうも、雰囲気に飲まれてしまって、どう過ごしたかすら覚えていないし。

加えて一人で飲食店に入れない、入っても間がもたない人でもあるので、なおさら、敷居は高いのである。

しかし、行かないことには何も始まらない。

飲んだ後に電車で帰るのはだるいということもあって、自宅近くでいいお店はないかと、ネット等で探してみた。

常連さんが割りと少ない感じの店が最初はいいかな、などと考えながら(笑)

そこで見つけたお店。

自宅から徒歩で約10~15分のところにある、デザイナーズマンションの一階にある。

HPによると、北摂をとりあげた「あまから手帖」でも掲載されたとか。となると、一見さんがわんさか押し寄せているのか?

ま、いろいろとネガティブなことを考えながらも、ついにその重い扉を押し開けたのである。

入り口からは敷居があって、遠くは見渡せないが、一歩入ると高い天井に、重厚な造りの10人くらいが楽に座れる一枚もののカウンター。

そして、マンションの中庭の池が見渡せるボックス席。

初見の感想は、「ひ、広い・・・・。」

そして、お客さんは・・・・時間が早かったせいか、誰もいない貸切状態・・・。

マスターが一人でグラスを丹念に拭いていらっしゃった。

「ここ、座ってもいいですか?」と入り口に近い方のカウンターに座って、あまりこういう場所に来たことはないけど、一度来てみたかった、お酒はあまり強くない、ウィスキー初心者であることを素直に告白し、とりあえず水割りをと伝えたところ・・・。

「リーズナブルなところでこれを」と、”ザ・シングルトン・オブ・グレン・オード 12年”で水割りを。

そして、いわゆる「お通し?」的に薄切り生ハム、ブルーチーズとクラッカー、スモークサーモの三種が盛られたアペタイザーをだしてくださいました。

シングルトンについてもお話してくださったけど、こちらはあまりに緊張していて覚えていません・・・。

飲むペースもわからない内に、グラスが空いてしまいました。

で、次にとお勧めいただいたのが国産の「Ichiro’s MALTS」

なんでも600本ほどの限定生産ものだとか。「1,300円ですが、大丈夫ですか?」とこちらの懐具合まで心配してくださる。

そして、「このウィスキーを水割りで飲むのはもったいないですから、クラッシャーズアイスでいかがですか?」と聞かれたので、何もわからぬおじさんはおまかせで(笑)

清風倶楽部

Ichiro’s MALTS Ricoh GR

うまかった。一口目、二口目、そして氷が溶け出した頃に味が変化して、ど素人の自分でもその味わいがよくわかった。

とりあえず、この日は二杯で打ち止めに。

ちょっとだけ千鳥足になりながら、満足して自宅までゆっくり歩いて帰りました。

Bar初体験。マスターの心配りもあって、無事、終えました(笑)

また、行こう!!

「清風倶楽部」
http://www.seifu-club.com/

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もし、ここにずっといたら・・・。 [日記]

もちろんそんなことはあり得ない話なのだが・・・。

さすがに四畳半に四人。

まだ、幼児の間はいいが、これから小学生、中学生と成長していく上で四畳半は無理。

そこで父は千里ニュータウンへの申込みをしたらしいが、やはり、名門の家柄?くじ運は悪かったようだ。

(ちなみにその住んでいた団地もすでに建て替えとなったことは、たぶん、過去ログで記載していると思う。この際に希望の部屋を選ぶ抽選では姉が一番くじをひいたということだ)

かすかな記憶に残っているのがこの川。

宝塚南口

宝塚南口

なぜかわからないが、いつも夕暮れ時。そんな風景を夢見ることがある。
できれば、この川沿いに住みたかった。

もし、この街にずっと住んでいれば今とは違った人生を歩んでいただろうか?
いや、結局は同じような人生だっただろうな(苦笑)

逆瀬川

逆瀬川駅

写真では整備されていて、綺麗にみえるが、周囲の建物は相当くたびれている感がある。
逆瀬川に親戚がいることもあって、十数年前に何度か来ているが、この辺りのビルは震災前のもののはず・・・。

震災からすでに20年。くたびれるはずだな。

宝塚には今度いつ訪れることがあるかわからない。

ここにまた立った時、ずいぶん変わったと思うか、ますます寂れたと思うか、それはその時のお楽しみにしよう。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ルーツを探る。 [日記]

両親から僕が生まれたのは逆瀬川にあった浜田産婦人科と聞いたことがある。

もう、ずいぶん前になるが、逆瀬川に寄った際に病院の前を通った記憶があったが、今はGoogle先生に聞いても教えてもらえないところからもうないみたいだ。

南口駅から今津線の線路に沿って歩いていくと宝塚南口幼稚園がある。

ちょうどその前に歌劇団の寮があるみたい。(こちらも移転されるそう)

そう、この幼稚園は、僕が4歳の春から秋にかけて在園?してた幼稚園。

いまだに残っているところが少し嬉しい。

R0012179

宝塚南口幼稚園

この幼稚園の滑り台で頭から落ちてえらい目にあった記憶がある。

そして、我が生家のあった場所はこちら。

宝塚南口


だいたい一台のスペースに一階と二階で二世帯が住んでたように記憶する。
四畳半一間に母と姉と僕が川の字になり、父親は台所で寝ていた。衛生状態は当時のことだからあまりよくなく、水洗だったけど、虫が湧いたり、なめくじがでたり。
お風呂はもちろん銭湯だった。

そして、ここが洗礼を受けた教会。

カトリック宝塚教会

カトリック宝塚教会

いまや祈りの仕方も言葉も忘れてしまった、不良信者に違いない。

そうそう、ずいぶん前に母親とこの地を訪れて、お御堂の中にも入らせていただいた。

一応、いれていただいたのだからお祈りしとこか?と膝まづいてしたのはいいけれど、通常、こういうケースでは「天にまします・・・」で始まる「主祷文」と呼ばれる祈りを唱えるべきところなんだが、何を間違った僕は「食前の祈り」を唱えて、母に爆笑された。

ま、この程度である。

※僕らが子供の時に教わった主祷文は文語訳バージョンで、現在は唱えられていないらしい。

宝塚南口


いつも夕暮れまで近所のお兄ちゃんと遊びほうけていた、長屋前の路地。当時はもちろん舗装されていなかった。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

調布空港小型機墜落事故。 [日記]

まさか、こんなことが・・・という気持ちでいっぱいだ。

亡くなられた方、特に自宅にいて巻き添えになった女性の方のご冥福をお祈りするしかない。

住宅地に隣接する飛行場。

以前から危険を問題視する声があがっていたようだが・・・。

そして、これで沖縄の基地問題、大阪伊丹空港廃港論等が再燃するのは確実ではないだろうか?

しかし、天邪鬼な僕は沖縄の基地問題はともかく、伊丹空港のことについては「う~ん、どうなんだろう」と思わずにいられない。

この調布の事故と伊丹空港を同じ目線で論じていいものなのだろうか?という疑問だ。

調布飛行場は年間で10,000回以上の離発着があると聞く。おそらく伊丹はその比ではないだろう。

回数が多ければ事故が起こる可能性も高まるのは当然の理である。

しかし、管制塔もない空港とかつては国際空港だった伊丹。

JALやANAをはじめとする航空会社のジェット機と今回の事故を起こした小型機。

これらを同じレベルで物事を考えるとおかしなことになるまいか?と考えてしまうのである。

Facebookで親しくさせていただいている方が、「原発と同じ図式」と書かれていた。

確かに、飛行場反対反対と叫んでいた地元にお金が落ちることになると、廃港の話が出たとたん、廃港反対と唱える。

まさしく同じ。

ただ、逆の意味でも同じことも言える。

つまり、国からの金は別にして、空港が伊丹にあることで、近隣市町村にお金がなんらかの形で落ちているのは間違いない話だ。

そして、飛行機事故の起きる確率とそれが伊丹の離発着時に起きる確率を考えると、限りなく0に近い数字となる。(と思う・・・)

原発に関しても、あの想定外の地震や津波が起きなかったら・・・。

と同じ発想だと思う。

その限りなく0に近いリスクをどうとるか、ここが重要なことではないか?

ただ、人間は勝手なもんで、交付金を受け、廃港反対を唱えていても、いったん事故が起きると批判はもちろん、訴訟等が必ず起きる。

そういうリスクを考えると、近隣住民を巻き込むことのない、関空、神戸への移行は意味があるんだけど、利用者側からすると不便なんだよね~、やっぱり。


大阪空港

千里川土手 Sony WX300

なにより、このシチュエーションでの写真が撮れなくなるのは・・・(すみません、不謹慎発言ですよね)

そうそう、ふと思ったけど、巻き込むことはよくないという発想のどこかに、乗っている人は落ちた場合に亡くなっても仕方がないって発想はないかい。
やっぱり落ちないように運航させることが空港問題より大切なんじゃないかな?
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結構、ウィスキーってうまいな。 [日記]

数日前のエントリーで、最近、洋酒にはまっていることを書いた。

若い頃、悪酔いして二日酔いになった時は、決まってウィスキーを飲んだ翌日だった。

そのことから、自分はウィスキーは身体に合わないんだろうな、と思いながら、この歳まで過ごしてきたが、今、考えてみると、それはやっぱり量の問題だったようだ。

つまり、自分に合った量を飲む分には、ストレートであろうが、ロックであろうが、水割り、ハイボールでも問題はないようだ。

しかし、基本的にそれほどアルコールには強くないので、水割り、ハイボールあたりが無難だろうな、と思う。

でも、時にはきどってオンザロックなんかで飲んでみたくなる。

で、こないだ、白州をオンザロックで飲んだ。もちろん、シングル、30mlである。

水割りやハイボールではあまりわからなかった、銘柄独特の味が感じられたような気になった。

そう感じたが最後、いろいろな銘柄を試してみたくなったことは言うまでもない。

山崎も飲んでみたいし、9月に販売される知多も飲んでみたい。

国産では余市も。

蒸留所の名前のついたウィスキーをとりあえず制覇するかな(笑)

もちろんそれぞれの銘柄で一番安いのをね。

錦市場

錦市場 Ricoh GR
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宝塚ホテル [日記]

阪急電車の高架をくぐると、すぐ目の前に宝塚ホテルはあった。

おそらく南口駅が地べたにあるときは、駅のロータリーからホテルの敷地のような雰囲気があったのだろうと想像する。

ロータリーには花壇があって、季節折々の花々が彩りを添えていたのではないだろうか?

現在は高架になった駅の裏手に、ぽつんとある古びたホテル・・・という印象しかなかった。

宝塚ホテル

宝塚ホテル

宝塚歌劇観劇の方で、それなりにうまっているのだろう。

ホテルの予約サイトのレビューはなかなかのものだから、建物は古くても一流ホテルのそれは引き継がれているんだろうな。

移転先は大劇場の西側だそうだ。新築移転だから、1926年創業当時の建物はなくなってしまうのか・・・。
時の流れとは言え、少し寂しいものがある。

宝塚ホテル

宝塚ホテル

今のところ、移転するまでにもう一度訪れる予定もない。もちろん、ホテルに泊まることもないだろう。

そして今までここで食事をした記憶もない。

ということで、この日はぜひ、食事をしてやろうと考えていた。

予算オーバー?この際気にしない(笑)

カフェレストラン「ソラリス」で『山陰農芸の高原但馬どりのロースト ハニーマスタードソース』というのをいただいた。

少々、割高感はあったが、まぁ、よしとしよう。

宝塚ホテル

カフェレストラン「ソラリス」

うまかったがこの値段であれば、スープがついてもいいんじゃないかな?
って、ファミレスとちゃうで(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

阪急宝塚南口 [日記]

有川浩さんの小説「阪急電車」で

“再開発なんていつかかるのか、という寂れた駅が宝塚南口だ”

なんて書かれてしまっている。

そんな捨てたもんじゃないよ、と言いたいところだが、そのとおりの駅、そして駅前といわざるをえない。

しかし、南口だけでなく、久しぶりに訪れた宝塚、この後、訪れる逆瀬川の駅前も一時代を過ぎ、少々くたびれた感はぬぐえない。

大阪梅田と比較すること自体が間違いなんだろうけど、阪急は宝塚にはそれほど力を入れていないようにも感じてしまう。

それくらい時間の流れに取り残された感がある。

南口駅も現在は高架になっているが、僕が住んでいた当時は例にももれず、地べたの駅だった。

宝塚方面へ向かう踏み切りに駅員さんがたって、踏み切り操作をしていたような記憶もある。

(実はうちに母親が警笛が鳴ってる踏切に入ろうとして駅員さんに止められた経緯がある。そして、それをなぜか覚えているのである)

ふと、この地にたって、駅の西側(宝塚ホテルがある方向)の記憶がまったくないことに気がついた。

東側は生活圏ということもあって、断片的な記憶があるのに・・・。


宝塚南口

宝塚南口駅 Ricoh GR
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

花の道 [日記]

宝塚といえば、宝塚歌劇。

宝塚歌劇といえば、タカラジェンヌの皆様だろう。

何度か、ファンの方を連れて歩いているタカラジェンヌと思しき人を見たことはあるんだけど、もちろん、名前なんか知る由もなく、へ~~~、ヅカファンってすごいな~~~、なんて思うのみでした。

ちなみに両親から聞いた話では、タカラジェンヌ(の卵?)にだっこされたことはあるらしい・・・。

当の本人はもちろん覚えておりません。

惜しいことしたな。

阪急宝塚駅から大劇場へ向かう小径、通称?「はなの道」と呼ばれている。

桜の頃は確かトンネルみたいになったはずだ。(違うかもしれない)

以前はここを歩くとファミリーランドからの歓声や動物園独特の臭いがしたと記憶している。

ファミリーランドがなくなって、もう、ずいぶんになるが、あの場所も自分にとってはメモリアルな場所なのである。

メモリアルな場所と言ってる割には。小さい頃、たまにつれてってもらったけど、あんまり記憶にない。

ただ、リフトみたいなものに乗って人形の置いてある館内をめぐるアトラクションだけが記憶に残っている。

花の道

Ricoh GR
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

宝塚ホテル [日記]

三連休の最終日、宝塚に行ってきた。

Facebookで知り合いの方が「宝塚ホテルが移転する」とのコメントを入れていたからだ。

1926年(大正15年)の創業。旧舘はこの創業当時のものであるという。(県指定景観形成重要建造物)

僕のイメージでは阪急が建てたものとばかり思っていたが、もともとは宝塚温泉のならびにあって、阪急が買収したもののようだ。

僕が生まれたのは宝塚市南口。

そう、宝塚ホテル最寄の駅である。

小さい頃に姉と二人でホテル正面の花壇で父親が撮ってくれた写真があるが、僕の記憶の中の宝塚ホテルはまさにそれであって、実際に自分の目で見た記憶ではない。

昭和41年9月に千里NTに引っ越してから、すでに半世紀近い歳月が流れている。

その流れの中でホテルの姿を大いに美化してきた部分もあったと思うが、幼き時の思い出の場所のひとつでもあるホテルが移転するとなると、今の姿を記憶に留めておきたいと思うのが、人生の半分を過ぎた世代の人情ではなかろうか?

折りしもこの日は朝から梅雨明けというニュースも聞こえてくるほど、真夏の太陽が照りつける、少々、体力的に厳しい条件ではあったが、(そんなたいそうな・・・)いつもとは違うホームから阪急電車に乗り込み、一路、生誕の地、宝塚を目指した次第である。


宝塚

阪急宝塚駅構内 Ricoh GR

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

台風の影響もなく。 [日記]

普通にいつもの生活。

ま、それが一番いいんだろうな。

大阪はほんと台風の影響を受けることが少ない。

西は中国山地、南に四国山地、紀伊山地があるからだろうか。

この11号も心構えをしていたが、思ったほどの強い風も吹かず、雨もいまのところ大したことはない。

今日は祇園祭のハイライト山鉾巡行の日だけど、開催するのかな?

一年に一度のこと、しかも京都の観光の目玉だし、だけど、調度品が雨に濡れてしまうのは頭痛の種だろう。

そうそう、宵々山は天気もよく、夕日と鉾のコントラストがよかったそうだ。

人ごみはいやだけど、一度、歩いてみたい気もする。


2015祇園祭 Ricoh GR

僕は根無し草のようなもので、ふるさとというものがない。

確かに千里NTに長いこと住んでいたが、住んでいた団地はすでに取り壊されて、新しいマンションとなり、町も僕らの時代から大きく変わっている。

地元の祭りとは無縁な人生である。

会社の同僚で天神祭に参加している人がいる。
かつては同じ職場からはいろいろと言われたこともあるようなニュアンスのことを聞いた。

「いや~、日本を代表する天神祭に参加するって、ほんとすごいことだと思うよ。胸張って参加すればいいんじゃない」って思う。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感