So-net無料ブログ作成

Leica X2 再び。 [写真]

Leica X1発売の時は指をくわえて見ているだけだった。

フィルムでIIIaとM6を使ったことはあったけど、デジタルについてのLeicaはまさに高嶺(高値?)の花。

飛びつこうが、台に昇ろうが、あるいは脚立を持ってきても届かない存在。

その中でもXシリーズはまだ背伸び次第では届くところにあった。

2012年6月、X1の後継機であるX2を手に入れた。

いわゆるAPS-cフォーマットのデジカメはEOS10D以来。

(EOS10Dはタイガース優勝セールで若干安くなっていたJoshinで買ったっけ)

購入後、京都はもとより久々の函館旅行でも存分に活躍してくれた。

が、ここ数年は自分自身の出不精もあったけど、少々熱が冷めつつあったのも事実。

写真家のセイケトミオ氏がご自身のBlogでX2のモノクロを評価されているのを聞いて、モチベーションが少しあがったこともあったけど。

先日、祇園祭の宵々山へ行った際に、久しぶりにX2を持ってスナップ。

すると、思いのほかリズム良く撮影できた。

自分のさほど大きくない手に、この大きさは、大きからず小さからずちょうどいい。

それを再認識した一日だった。

車折神社

車折神社 Leica X2

いつもBlogを見させていただいている方が、X2を購入されたというエントリーをされていた。

しょっぱなに掲載された写真。

へ~~~~、X2でこんな写真も撮れるんだ~~~!!っと驚愕。

正直、自分は宝を持ち腐れさせていたのだな、っと改めて思った次第。

今後、あげられる写真が楽しみだな~。(っと、ハードルを少しだけ上げておこう・・・笑)

うちももっといろんなことを試してみたいな。