So-net無料ブログ作成
京都めぐり ブログトップ
前の10件 | -

すちゃらか撮影会 in 嵐山 vol.1 [京都めぐり]

数年ぶりに紅葉の嵐山へ出かけてきた。

今年の京都の紅葉は例年より早め・・・と聞いていたが、実は昨年も20日に京都を訪れていた。(東山方面だけど)

昨年はあまりいい紅葉ではなかった(傷んでいる葉が多かった)ので、今年はどうかなと期待半分、不安半分。

朝、7時半に梅田ですちゃらかな仲間SさんとKさんと待ち合わせて、一路、桂へ。

大先輩のSさんに会うのは昨年の紅葉以来。近況をそれぞれ話ししてる内にあっという間に桂着。

ここで嵐山線に乗り換えて約8分で嵐山。

う~ん、朝早いせいか、人出はさほどでもない。不思議とC&Kの声も聞こえてこない。

中ノ島公園を歩き、渡月橋を渡り大堰川沿いを歩いて亀山公園へ向かう。

今日の第一目的地は亀山公園展望台から望む嵐峡の風景である。

渡月橋

渡月橋 sony RX100m4

遠く愛宕山山頂付近は雲がかかっていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

週末は京都へ。 [京都めぐり]

最近、年に一回しか活動をしていない我がすちゃらかフォトクラブ。

恒例の秋の飲み会・・・じゃなくて撮影会をこの週末に予定しています。

天気はあいにくの曇りの予報。

まぁ、どうせすぐに飲んで食べてするから、関係ないよね~。

って、ここ数年はそう思うことが多くなりました。

以前は、紅葉、綺麗かな~~~、なんて心配していたものを。

今年は四年ぶりくらいで嵐山へ。

亀山公園の展望台にでも足を運んで、ひさびさの常寂光寺か、二尊院あたりを徘徊。

鳥居本辺りの食事処で一献。

スタンダードな紅葉狩りのスケジュールですな。

真如堂

2016紅葉 真如堂。

さて、カメラは何にするかな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「パリ・マグナム写真展」 [京都めぐり]

写真を趣味としている人ならば、一度は聞いたことがあるだろう、「マグナム」という名前。

恥ずかしながら僕自身、名前は聞いたことはあっても詳細はまったく知らなかった。

京都文化博物館で7月1日より始まった、「世界最高の写真家集団マグナム・フォト創立70周年パリ・マグナム写真展」も残すところ10日間ほどとなり、日曜日に足を運んできた。

京都文化博物館の詳細ページによると「マグナム」は、


“1947年、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアによって「写真家自身によってその権利と自由を守り、主張すること」を目的として写真家集団・マグナムは結成されました。
以後、マグナムは20世紀写真史に大きな足跡を残す多くの写真家を輩出し、世界最高の写真家集団として今も常に地球規模で新しい写真表現を発信し続けています。”

とある。

この写真展は彼らが捉えたパリの写真が中心となっている。

中には芸術的な写真も垣間見れるけど、どちらかと言うと、記録的な意味合いが強い写真が多い。見る前に歴史の流れを勉強していると、なお、面白かっただろう。

しかし、その時代、時代のポイントを押さえた写真は、歴史を知らなくてもなかなか興味深いものがあったのも事実である。

京都文化博物館

SONY RX100IV

同じ期間中に併設展示されていた「近代京都へのまなざし-写真にみる都の姿-」

個人的にはこちらの方が、やはり現在の姿を見知り、歴史を学んでいるだけに面白かった。

マグナム展の図録はゲットしたけど、こちらの図録は買いそびれたのが悔やまれる。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017祇園祭 [京都めぐり]

今年の祇園祭には、クラウドファウンディングを通して寄付をした。

そういう意味からも、少し祇園祭に近くなった気分になれた。

僕にはいわゆる田舎というものがない。

生まれは宝塚、4歳の時に千里ニュータウンに転居。

言わずもがな、当時では出来たてのほやほやの町。

当然、祭りなどのイベントがあろうはずもない。

だからということもないだろうが、夏に、秋に、祭りで盛り上がる人を見ると、少しめんどくさそうと思いながらも、羨ましい気がするのである。

祇園祭

2017祇園祭 Leica X2
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2017祇園祭 [京都めぐり]

土曜日、午前中だったけど、祇園祭の宵々山へと足を運んできた。

例年、この頃に一度は京都を訪れる。

しかし、いまだ夜の祇園祭には行ったことはないし(大学時代に一度行ったように思うが記憶がない)、山鉾巡行ももちろん生で観たことはない。

梅雨明けを思わせる日差しに加えて、いまだ梅雨と思わせる湿度。

京都の夏はこんなものと承知しているつもりでも、暑い。

結局、2時間ほど祭りの雰囲気をスナップして帰宅の途に。

根性なしです・・・。

長刀鉾


2017祇園祭~長刀鉾 Leica X2
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさびさの京都、すちゃらか三人組。vol.10 [京都めぐり]

「ようこそ、がんこへ!」

この三人組であちこち写真を撮りにいった際には、以前なら、結構奮発したものだった。

記憶に残るのは近江八幡の鯉料理、大原芹生の「三千草弁当」、嵐山西山草堂の湯豆腐などなど。

しかし、ここ最近は撮影に行く機会も少なくなったけど、紅葉の撮影とセットして三条の「がんこ寿司」で昼食をとることが常となっている。

まぁ、いうほど混雑もせず、そこそこお腹も満たせて、それなりの安価な金額なので、朽ち果て三人組にはちょうどいい按配かもしれない。

その後、すぐそばの「コメダ珈琲」で時間をつぶした。

唯一の気がかり?は館長さんの御酒の進み方がいまいちだったこと。

いつもならビール二杯に熱燗くらい軽々だったのに、この日はビール一杯だけだった。

体調が悪かったのか、それともお財布の加減か、いや、残りの二人があまり飲まないから興ざめされていたのか・・・。

がんこ寿司


また、来年と言わず、飲みにいきましょうね。

長々と引っ張ってきた京都紅葉狩りもこれにて終了。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさびさの京都、すちゃらか三人組。vol.9 [京都めぐり]

京都の紅葉、今年は2週間くらい早かったような気がします。

例年ですと12月第一週くらいまでは楽しめたのですが、阪急電車各駅のもみじ便りはすでに落葉のマークとなっています。

ただ、昨年は葉の状態が最悪でしたけど、今年はまだましでしたね。

残念ながら青空とのコントラストは堪能できませんでしたが、前日の雨にしっとりと濡れた紅葉もなかなかいいもんでした。

さて、そろそろ第一目的?の食事へと向かいましょうか。

真如堂


真如堂

真如堂 SONY RX100M4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさびさの京都、すちゃらか三人組。vol.8 [京都めぐり]

真如堂の裏手に白い蔵があって、そこの紅葉がとても綺麗なので、いつも底で数カット撮影するのですが、

この日はまだ色づきがいまいちな感じでした。

そうそう、哲学の道方面から真如堂に行くときは一番最初に目に入るところです。

真如堂


これが過去に撮ったの(2010年11月)

この日は思うような写真が撮れませんでしたけど、こんな面白いものが撮れました。

O.ヘンリーの小説に「最後の一葉」というのがあったように記憶します。

大学の英語の授業でそれを読んだんじゃなかったかな?

The last leaf

「The last leaf」 真如堂 SONY RX100M4

単に蜘蛛の糸にひっかかっていただけですけど・・・(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさびさの京都、すちゃらか三人組。vol.7 [京都めぐり]

ひっぱってきた京都の紅葉もいよいよ目的地の真如堂へ。

平安神宮の裏手、丸太町通りになるのか?そこを少し北にあがると金戒光明寺(黒谷さん)がある。

その脇の路地を歩いていくと、大豆のいい香りがしてきた。

後で調べると京豆腐「服部」さんという製造元らしい。

豆腐は大好物なので後ろ髪ひかれるが、先を急ぐ。

真如堂の三重塔と朱色の門が見えてきた。

紅葉もその朱色に負けず劣らず真っ赤である。


真如堂

真如堂 SONY RX100M4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ひさびさの京都、すちゃらか三人組。vol.6 [京都めぐり]

岡崎公園あたりは桜が中心のせいか、紅葉も早め。そしてすでに散り始めている。

だけど、桜は落葉しても鮮やかな色を保って、かつ、なにかしらわびしい風情がある。

自転車で軽く流してきて、ベンチに座って野球観戦している人がいた。

サーモボトルかなにかに熱い珈琲を入れてきて、一服するというのもいいもんだろうな。

この日は時折薄日は差すものの、天気は曇り空。

日差しがあれば、時間を忘れてのんびりできそうだ・・・。

そんなことを思いながら、真如堂へと足を進めた。

岡崎公園

岡崎公園 SONY RX100M4

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - 京都めぐり ブログトップ