So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっと早い?valentine's day [日記]

土曜日は合気道関係の女性と食事。

阪急グランドビルの「咲くら」というお店。

チェーンのお店にしてはまぁまぁ雰囲気もよく、料理も美味しかった。

「甕八」のお湯割りに、置いてあれば必ずいただく「呉春」、そして、京都の日本酒「まつもと」

料理はシマアジの造り、大和芋の肉じゃが、静岡おでんの盛り合わせ、壹岐豆腐の厚揚げ。

二次会は彼女の行きつけのBar、お恥ずかしいことに一時会ですでに許容オーバー気味だったこともあり、ここではジントニック一杯。

別れ間際に手作りのパウンドケーキとクッキーをいただいた。

日曜日は午前中に郵パックが届く。

ふたまわり以上離れた友人から、こちらは手造りのチョコタルトが送られてきた。

彼女は毎年、手作りのものを送ってくれる。

彼氏に作ったついででもおじさんは構わない。何個でもかも~ん!って感じ。

義理でもなんでもいいのだ!!感謝!!

と、何気に聞けば、この二日間はなかなかバラ色の人生を送っているやんと誤解を受けそうだが、金曜日の夜に実家から電話。

父親が肺炎、しかも39度の熱で入院。今から(午後9時半ごろ)姉が荷物を届けにいくから運ぶのを手伝ってあげてとのこと。

風呂も入って、そろそろ寝るモードだった(酒は飲んでなかった)けど、慌てて着替えて寒風吹きすさぶ中、駅へ向かう。

(父の入院している病院は、うちから徒歩15分くらいのところにある。)

そんなことがあって、いいこと悪いこと、プラマイゼロ。

人生はうまくできている。

valentine's day

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰しています。 [日記]

今年の三月に退職されるわが社の経理のエキスパート(その道40数年)の方からの引継ぎで12月、1月とてんてこ舞いの日が続いていました。

ようやくここで少し落ち着きを取り戻しましたが、うちの会社は12月決算ということもあって、どうなることか不安でしたね。

もちろん、全てを一人でできたわけではなく、その方の手助けも相当あった状態。

まぁ、40数年やってきた人と、今年の三月から始めた者とでは、その差はいかんともしがたいものがあります。

それに彼は専任でしたけど、自分の場合は総務、労務兼任ですし・・・(あ!これはいい訳かな?)

自分への備忘録として、

11月に入ったら減価償却、別表16の作成の準備。

減価償却明細を整備して、減損するか否かを確認。

1月に入り、12月の決算の数字がある程度かたまった段階で消費税の調整(申告準備)1月第一週期限。

消費税が固まったら、別表16を始めとする、別表関係の作成。

と同時に事業税、住民税の計算。

税が確定したところで、別表四、別表五を作成して、税理士の先生にみてもらう。

これが1月半ば。

そして、親会社との連結の資料作成して提出。(←いまここ)

これに加えて、従来の仕事である、給与支払報告書、支払調書の合計表等を作成。

あ!償却資産の申告もせんとあかんかったな。

しかし、前任の方が微妙に助けてくれたことが大きい。

果たして来年、自分ひとりでできるのか??

すべての写真-1613


先週の土曜日は55回目の誕生日

いやいや、雨男の本領発揮か?大阪は雪景色となりましたとさ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明けましておめでとうございます。 [日記]

今日から仕事始め。

いきなりエンジン全開での仕事です。

まぁ、年末年始といっても普通に五連休だと思うと、それほど特別には思わない性格ですので、関係ないかな?

それでも通勤電車の車内は、まだ、人もまばらでしたね。

今年も慣れない仕事で大変ですけど、サラリーマンは頑張るしかないですね。

頑張った分、報われるとなおいいんだけど。

今年こそ、部屋の模様替えしたいな。

めざせ”断捨離”、シンプル生活。


クリスタ長堀

クリスタ長堀 SONY WX300

合気道バイク写真も、昨年以上に楽しみたいな。

今年もよろしくお願いいたします。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遅い! [日記]

うちの会社の本決算は12月末。

上場企業の子会社ということから、親会社のIRにあわせて、1月半ばまでに確定させて、連結処理の資料を提出しなければならない。

今年の3月に経理の仕事を引き継ぎしだして、初めての本決算。

当然、右も左もわからない状態でのスタートともいえる。

中小企業時代に若干手伝った経験はあるが・・・)

その処理に必要な項目のひとつを親会社を通じて、12月の初めに監査法人に問い合わせをしていた。

おもに減価償却についてのことである。

聞くところによると、申告書の作成は別表16と呼ばれる減価償却資産の償却額の計算書から作成するらしい。

つまり、この件が確定しないと、準備を進めようにも進められないことになる。

そして、その返事が返ってきたのが昨日の午後8時。

ほぼほぼ一ヶ月近くかかっている計算となる。

しかもその返事が監査法人の見解はこうである。したがって、これから資料を作成し、先方と交渉するということらしい。

正直言って開いた口が塞がらない。相手が目の前にいたら、ゴミ箱蹴飛ばして怒鳴りちらしているところだ。

いったいどんな仕事の進め方をしてるんだ?こいつ。

今からじゃどう転んでも結論は年明け。そこから月なかばまでで決算を仕上げ、税理士の先生に確認をとり、仕上げるなんてどだい無理だろう?

年末ぎりぎりまで、頭にくることばっかだ。

知恩院

知恩院 SONY RX100 Mark IV

そういえば前に、この担当者とテレビ会議で話したことあったが、さもありなんな雰囲気満載だったな。
ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよ、今年も大詰め。 [日記]

2016年も後わずか、来週はすでに2017年になっている。

来年には55歳となり、社会人として活躍する期間も残りわずかとなってきた。

健康、趣味、そして人間関係等々、人生を豊かに送るためのものも充実させていかなくてはならない。

いや、こういうことは「いかなくてはならない」と意気込むよりも自然が一番なんだろうな。

その反面、健康に気遣ってやりたいことも我慢して生きていても、いつか死というものはやってくるし、将来の生活を考えて、今、貯蓄しても、死んでしまえば終わりだしとか、そういうことも考え始めている。

家族がいれば、家族のためにと頑張れるのだろうが、家族もいない人間にとって、生き続けることにそれほどの価値はないようにも思う。

年金カットやいつまでも回復しない景気のニュースを聞くにつけ、この先、生きていって、なにかあるのか?と疑問にさへ思うこともある。


知恩院

知恩院 SONY RX100 Mark IV

しかし、死んでしまえばそれまでで、生きていれば何かしら自分にとっていいと思う出来事があると信じたいものだ。

それにしても考えることがネガティブだわ。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自然が一番だとは思うのだが・・・。 [日記]

姉からメールが届く。

タイトルには「考えたくなくても考えないといけないこと」とあった。

先日、定期的な父の通院の際に主治医の先生から言われたそうだ。

「もしもの時に延命措置を講ずるか否か、ご家族で相談して、決めておいた方がいいでしょう・・・」と。

もともと嚥下障害で固形物はほとんどとれなかったようだが、ここにきて流動食でも喉を詰まらせ咳き込むことが多く、三度の食事は取れない状況であるらしい。

それに伴い肺炎の数値があがってるとも。

先生や看護士やケア担当の方々から「胃ろう」を勧められたりもしたが、本人は拒否しているようだ。

胃ろうの処置をしても、消化されなかった食べ物が逆流して肺炎をおこすこともあるらしい。

だけど、こういう場合の決断は非常に難しいものがあるな。

家族みんなが同様に考えていれば問題ないのだが、一人でも反対者がいると、後々関係がこじれる原因になるのではないだろうか?

特に人の命が関係しているならなおさら。

幸いうちは資産はないので、そちらの問題は起きなさそうだが。

いずれにせよ、人間が判断できないことは、自然の摂理にまかすほかはないんだろうな。

いきつくとこはそこだと思いたい・・・。

真如堂

真如堂 SONY RX100 Mark IV

散りてなお 心まよわす 楓かな
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

深夜食堂 [日記]

今更ながらに、「深夜食堂」(ドラマ版)にはまっている。

ずいぶん前にコミック版(電子書籍)は購入していたが、独特の画風についていけず、途中で読むのをやめていた。

暇な時になにかないかな?っとアマゾンプライムで探していた時に、最初のうちはとばしていたけど、他に面白そうな番組もないので、ちょっと見る気になったのである。

「深夜食堂」についてはここで詳しくは語らない。(単にめんどくさいだけという話も)

それにしても、小林薫がいい味をだしている。

特に演技やせりふ回しがいいわけでもなく、ぶっきらぼうに一本調子のセリフなんだが、そのちょっとした一言がたまらないのである。

小林薫主演のドラマは「イキのいい奴」(NHK)以来かもしれない。

しかし、渋い。

大川


「孤独のグルメ」もおもしろかったが、「深夜食堂」もよりおもしろい。

そんなわけでコミック版も最新版まで購入してしまった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

寒い。 [日記]

土曜日、日曜日、そして今日。

風が強くて、結構、寒い。

木枯らし1号も吹いたそう。

今朝、Yシャツにスイングトップ一枚での通勤(もちろん、ズボン穿いてますよ 笑)、できれば薄手のカーディガンなんか欲しくなる。

でも、考えてみれば当たり前で、今日で10月も終わり。

つい、こないだまで暑い、暑いと部屋では半パン、Tシャツだったのが嘘のよう。

北の方からは雪の便りも届いている。

11月は待ちに待った紅葉の季節。

今年の色づきはいかがでしょうかね。


常寂光寺


常寂光寺 2015 Sony RX100M4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TBS系列は駄目だな。 [日記]

この土日は、久しぶりにtwitterにはまった(汗)

例の大阪府警機動隊員の「土人」発言について。

ま、人それぞれ意見はあると思うけど、そこから派生して松井大阪府知事のねぎらいtweetに対してやいのやいの言っているみたいだ。

Youtube動画しか見ていないけど、松井知事の言った(つぶやいた?)ことのどこが悪いのか?

いや僕の頭が土人並みだから、理解不能なのだろうか?

僕には「言ったことは悪い、しかし、職務を全うした(他の警察官を含め)警察官にねぎらいの言葉をかけた」としか受け止められないのだけど。

松井知事を嫌いな人も多いことは承知しているけど、彼の言っていることは自分の思いを代弁してくれているように思えるくらいほど、意見が似ている。

だいたい、沖縄の人を侮辱したとか、どっかの知事がこれ幸いと言っているけど、あの場で抗議活動し、米軍兵や警察官に暴言をしている人達はどうみても(聞いても?)大阪の人間ちゃうんか?

イントネーションは関西弁まるだしやん。

で、マスコミは彼らの暴力行為、暴言、侮辱、迷惑行為をなぜ放送しないのか?

権力者側云々とか言ってるけど、警察は権力者じゃないで。

どうしても権力と戦う自分たち、という表現をしたいだけなんとちゃうか?

それに朝日の木原とか言う記者が、松井知事の会見中に「大阪人として恥ずかしい」とか言ってたけど、大阪人としてはあなたの発言の方が恥ずかしい。

MBSのやまひろとかいうアナウンサーも宮根誠二の二番煎じみたいなもんやし。

あげくはサンデーモーニングで解説の女性が、

“警察官の差別発言については知事がああいう発言をした段階で『何やってんだ知事は』というような論調がもうちょっと起きてくるのかなと思ったらそれもズルズルと流れてしまったと。”

発言しているが、それは「知事、よく言った!」と思っている人が多いことの裏返しじゃない?

まぁ、TBSもMBSも同じ系列だから、似たような思想で動いているんだろうけど。

しかし、マスコミも無茶苦茶になりつつあるよね~。もう、僕はテレビニュースを見なくなって久しいけど、よくもまぁ、同じ一方的な意見だけをいけしゃぁしゃぁと話せるもんだ。

こういうのって放送法で問題にならんのかね。


函館


マスコミに鉄槌を!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死を身近に感じた、今日この頃。 [日記]


うちの父は、現在、パーキンソン病で闘病中である。

数年前から嚥下障害により、固形物を食べることが難しくなって、流動食みたいな食事が中心となった。

昨夜、最近では流動食ですら、食べるのが困難になってきていると、同居している姉からメールが届く。

そして先日、専門家の方々と今後の治療方針について話し合ったという。

食事が取りづらい現状、胃ろうの手術を勧められたそうだ。胃に穴を開けて、直接そこから栄養をとる、そういうものらしいのだが、本人にすれば、胃に穴をあけて生活なんかできるのか?という不安な気持ち、未知のものへの恐怖の気持ち、いろいろとあるのは想像に難くない。

しかも、食事が取れないと体力も落ち、死を待つだけになるようなことも言われたようで、相当にショックを受けているとメールには書いてあった。


白状すると、僕は以前から、みっともない死に様を見せるくらいなら、尊厳死もいいかななんて、勝手なことを思っていたが、父の心情を自分と置き換えてみてよくよく想像してみれば、なんと傲慢な考えだったんだろうと、恥ずかしくなってしまった。

加えて、世の中は医療費増加、老人社会・・・というように、徐々に延命処理については否定的になりつつあるように思う。それゆえ、尊厳死、自然死等が話題にあがり、まるで美談のように語られることもあるように感じる。

そう、以前の僕はそちら側にいた。しかし、今は必ずしもそれがいいとは思えない。

ま、身内にそういう人がいない時は、あっち側にいて、そういう人が出た途端にこっち側に移ったと批判されても仕方がないが、正直、わからなくなってきたのである。

そして、自分がもし、父の立場であったならば、平静に毎日を過ごす自信はない。

2016祇園祭



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感