So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

酷暑 [日記]

7月6日からの大雨、明けてからは連日、最高気温更新の猛暑が続いている。

大阪でも37℃、場所によっては40℃近くまであがっているところもあるようだ。

この三連休も特に暑かった。

朝からがんがんエアコンかけても室温が28℃を下回らない。とても電気代が心配ではあるが、脱水、熱中症になってもつまらないので、ここは気にしないことにする。

それでもウォーキングはしなければと、日曜日の夕方(16:00頃)に約12kmのウォーキングに出発した。

出発してしばらくも行かない間に、後悔後を絶たず・・・・。

暑い。

重苦しい空気が熱を帯びて、わが身を包み込む、そんな感じ。

あっと言う間に500mlのペットボトルは空に、その後買ったボトルも空いた。

途中、一瞬、歩道に敷かれている点字ブロックがぐにゃーっと波打つように見えて、まっすぐ立ってられない状態になりかけた。

やばい。

当分の間、日中のウォーキングはやめておいた方が良さそうだ。

ひまわり


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結果報告 [日記]

健康診断の結果が返ってきた。

といっても個人宛ではなく、会社宛に届いたものなので、安衛法にのっとった項目しかのっていない。

いつもなら、まず個人宛の(生活習慣病予防健診)の結果が返ってきて、その後、会社宛に抜粋したものが届いているのに、今年はなんか変だ。

健診後、だいたい1週間から10日くらいで届くのに、今年はまったく届いていなかったから。

一応、会社の担当としては病院側に確認の電話をした。

営業担当者から連絡させますとの返事だったが、いまだ連絡はない。

まぁ、そんな対応についてはとりあえず横においておいて、結果、結果っと。

懸念されていたGPTも26と基準値内に収まり、白衣シンドロームと思しき血圧も130/60。薬服用しているが、満足のいく結果といえる。

ダイエットと有酸素運動の成果といえよう。ふふん!



ところが、ところがである。

な、なんと空腹時血糖値が106(基準値99以下)と、昨年のGPT同様、わずかにケチをつけられた。

くっそーーーー!!悔しいぢゃないか!!

R171

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

内部統制の詭弁 [日記]

先日、同じ課の女性のもとに親会社の内部監査室からメールが届いた。

その女性から、こんなメールが届いたんですけど、と相談されて、本文を読んでみると、どう考えてもこの女性に関係のあるメールではなく、おそらく監査室内で共有しようとしたメールに思えた。

そこで親会社から出向している上長に、ちょっと尋ねてみてもらえませんかね?っとお願いして確認したところ、監査室の室長の苗字とこの女性の苗字が同じこともあって宛先選択を間違えたようだ。

その後、添付ファイルのパスワードまで、この女性宛に届いていた(爆笑)

そもそもファイルにパスワードをかますのは、誤送信してもファイルを開くことができないようにするため、というのが導入の理由だったと記憶するが、このように自動的に送られるのであれば、なんら統制にもなっていない。

このパスワードは自動送信なので特段手間はかからないが、受ける側は結構手間なもの。

コンプライアンスはもっぱら自社内でそれを守るために、どのような仕事の流れにするかというのが大切なのに、他者にそれを求めるのは筋違いだと思っている。

しかも、その仕組みが求めるべき成果をあげられないのであれば、いやはや本末転倒としかいいようがない。

内部統制の原則は、違う経路、仕組、手段を使っても同じ答えを導きだすことが、効果的手段だと自分は思う。

杓子定規じゃなく、もうちょっと原理原則を基に頭使ったら?、と思いたくなった出来事だった。


初夏の空

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震。 [日記]

昨日、7時58分、大阪府北部を震源とするマグネチュード6.1、震度6の地震があった。

ニュースで知った緯度、経度から推測すると高槻、枚方付近が震源地のようだ。

有馬高槻断層帯というのが今回の地震の原因みたいに素人目には感じるが、この辺りは活断層が集中していて、特定は難しいとの話し。

自分はすでに会社に出勤していて、仲間と談笑中だったこともあり、それほど恐怖を感じることはなかった。
これが仮に自宅で一人でいたとしたら、相当、びびったと思う。

地震発生直後から社員から連絡が入る。

とりあえず、電車に乗っている途中の人は行けるとこまで行くしかない。その後、判断。

電車にまだ乗っていなかった人は自宅へ戻って待機するように連絡する。

親会社のもと加入しているエマージェンシーコールが流れてきて、回答するが、全員の状態を確認しようとしても接続できない状況が続く。

なんとなく気が落ち着かない状況でも、続いて身体に感じる余震もないことから、次第に落ち着きを取り戻した。

とにかく自分は家の状況が気になった。

自宅のある豊中市は震度5強とのこと。(近くの大阪空港は震度5弱)

一番の心配ごとは愛車がひっくり返っていないか?ということだった。千里ニュータウンの実家にメールすると大きな被害もなかったようだ。

午後になり、運転再開の報もそれなりに聞こえだした段階で、会社から15時に帰宅指示がだされる。

大阪の大動脈、御堂筋線はなかもず~中津の折り返し運転。阪急宝塚線は運転見合わせ中。

ただ、神戸線は動いているとのこと。

中津から歩くか、十三からか、と悩んだ挙句、神戸線で神崎川まで行き、そこから歩くのが最短だと知る。

約7.5km、普段ウォーキングしている距離とさほど変わらない。

梅田で神戸線に乗り込むが出発時にはぎゅうぎゅう詰となった。

それでも阪神高速空港線沿いを歩いて、約1時間半くらいかかって無事帰宅。

バイクも大丈夫だった。

部屋の中は物が散乱していたが、積んでいた本が崩れ、棚の上に置いていたものが落ちた程度ですんだ。

水も電気も大丈夫。

入浴して汗を流して近所のコンビニに夕飯を調達に行く途中で阪急の駅のホームに人が入っているのを見て、運転再開したことを知った。

コンビニはものの見事に水と食料の棚はからっぽ。

仕方ないのでスーパーで惣菜だけを買って帰った。

今回の地震、枚方の方では避難所も用意されて、自主避難している世帯もあるという。

そして、不幸にも三人の方がお亡くなりになった。

それでも、あの阪神淡路大震災や東日本大震災の時のような大事に至る、そんな感じは正直ない。

すでに今朝はいつもと変わらない通勤の様子だった。

追記

今、ドンという感じの余震があった。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

順調に。 [日記]

根っからの医者嫌いである。

しかし、数年前の健康診断で高血圧と診断されて、二ヶ月に一度の病院通いを余儀なくされている。

そいでもって、2014年から増加傾向にある体重。

一昨年、大台の70kgに到達。昨年は72.5kg。

そして腹囲も83cmになってしまった。

後、2cmでメタボ判定に該当してしまう!!しかも若干ではあるけれどGPTがひっかかった。

ということで、自称スポーツマン?の自分としてはプライドはずたずた。

悔しいので減量に励もうと、ジョギング開始したら肉離れ。

しかし、幸いにも症状は軽かったので、4月中旬よりウォーキングを再開した。

健康診断の日は6月30日。

この日までに体重を66kgまで落とす計画にしている。毎週500gずつ落とす計算なので、それほど無理な計画ではないんじゃないかな?と思っているが・・・。

一応、昨日で69.0kgで進捗は順調。(5月第二週69.5kg、第三週69.0kg)

ウォーキングの方も、すこしずつではあるがジョグを入れれるようになってきている。

摂取カロリーも大好きなチョコレートを控えて、1,200~1,600kcalくらいに抑えている。

さてさて、結果は・・・一ヶ月半後が楽しみだな。


大阪散策

大阪市内散策 Sony α7 & CONTAX G-planar 45mm f2
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ユニクロ・柳井正が考える一番よい会社の条件」 [日記]

「ユニクロ・柳井正が考える一番よい会社の条件」
http://bit.ly/2qTGXel

致知出版社という会社がある。

人間学を追求して40年、一時、自分も雑誌「致知」を購読していたこともある。

Facebookでフォローもしている。

そこで標題の投稿があった。

「会社は社員が自営業する場所」

おー、なるほど、そういうことか!!っと思う人も多いだろうが、ひねくれた自分はそうは思わない。

いや、実のところ、そう思っている。一人、一人が経営者になった気持ちで、というのはよくわかる。

ただ、このエントリーを読んだ瞬間に思ったのは、「経営者が言うとあかんやろ」ということだった。

労働者自らそう考えて行動する、それは極めて重要な要素のひとつだと思うが、経営者が言うとそうはならない。

自営業だったら、目標を達成するために寝る間も惜しんで仕事をするだろう。

そんなことは当然である。やればやるだけ自分に返ってくるんだから。

しかし、サラリーマンは違う。

管理職以上の人間にリターンを搾取されるだけだ。

それが資本主義だろう?

したがって、搾取する側の人間が搾取される側の人間にこういうことを言うのは何をかいわんや、そんな気分になるのである。

ユニクロは一時期、ブラック企業のレッテルを貼られていたこともある。

ワタミの渡邉美樹氏もそうだが、要するにそういうことだ。

「仕事がおもしろいと思うためには、自分がそこに本当に懸けないと、絶対にそうは思えない。中途半端な気持ちでやっていたら、おもしろくも何ともないですよね。」

これは同感。

要するに労働者本人が自発的にそうしたくなる会社が理想だろう。

逆に言うと、そのために労働者全員に経営者並みの給与を支払ってみれば?この考えは実現するかもしれない。

でも、そんなことは普通できないだろう?

要するに、先の話は経営者側の詭弁。

ちなみに自分はフリースの時代から、一人「不買運動」を続けている。

焼け石に水だけど(笑)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Wifiが繋がらない。 [日記]

土曜日、朝、ウォーキングしてきてお昼ご飯を食べたあたりからだったろうか?

我が家の無線LANが突然繋がらなくなってしまった。

我が家ではモジュラージャックからCTU、ハブを経由し、バッファロー製のWMR-433Wを使用している。

ワンルームだし、これで充分繋がるから、なんの問題もなかったんだけど。

確認してみるとCTUのランプは全部点いている。

WMR-433Wのランプも特に違和感はない。

ひょっとしてハブに問題があるのか?とWMR-433WをCTUに直に繋いでも同じ。

こうなると、WMR-433W本体に問題があるのかと、昨日、ヨドバシで同機種を購入。

(なんで違うのにしなかったの?というつっこみはなしで!)

帰宅後、再チャレンジしたけど駄目。

繋ごうとしたiPhone、iPad類に問題があるのかとwimaxに繋いだら問題なく繋がる。

それほど知識のあるわけでない自分にはこれで八方塞がりとなった。

しかし、なくなって初めて思うもの。

いかにネット環境に依存した生活を送っているかということに気づく。

それにしても参ったな。

桜

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なかなかスムーズにいかない。 [日記]

何かを始めよう!っと思った時に、自分の場合、その直前にマイナスな事由が発生して、始めることが億劫になることがよくある。

先日のエントリー、ジョギング再開しよう→肉離れ、もそのひとつ。

どちらかというとネガティブな性格だから、スムーズにいかないと嫌気がさしてしまうのである。

昨夜、久々に合気道の稽古に行こうと、会社を定時でダッシュしてた。

いったん自宅に戻って、準備をして出発。

電車に乗って、ふと、バッグの中を見ると、帯がない。

ちゃんと並べて用意したのに、入れ忘れたようだ。

仕方ないので次の駅で降りてUターン。

部屋のどまんなかに帯が置いてあった。

で、案の定、モチベーションだだ下がりで稽古はパス。

ちょっとやそっとの予定外の出来事に耐えうる精神力が自分にはないのである。

鴨川

SONY RX100mark4
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに走る。 [日記]

土曜日は月末だったために体育館は休館。合気道の稽古は休み。

絶好の花見日和と思いきや、身体が重くて外出する気が起きない。

加えて、京都に行ってもすごい人だろうし、C+Kの大群もいてそうだし、とネガティブな気持ちが膨らむ。

結局、二度寝してしまった。

日曜日は4月1日。新年度の始まり。

さぁ、何かを始めようとすれば、絶好の機会でもあります。

そういえば、数日前に協会けんぽから今年度の健診の案内がきてた。

私の腹囲、順調に成長中で一昨年が81cm、昨年が83cm、それまではずっと70cm台後半(限りなく80cmに近かったが)だったのに。

このペースでいけば今年は85cmでメタボ判定合格となる。

そこで、意を決してジョギングを再開することにした。

昼ご飯を食べて、少し昼寝をした夕方4時頃。

準備万端でスタート。

ところが走り出して100mも行かないうちに膝とふくらはぎに違和感。

それでもまぁ久しぶりだからこんなもんだなっとぜーぜー言いながらの3km過ぎ。

左足ふくらはぎ下部の筋肉がぐにゅっという感覚とともに痛みが走った。

肉離れである。

周回コースを走ってたこともあって、自宅までは這ってでも帰らないといけない。

這う這うの体でなんとか家に着いて、アイシング処理。

走るのが10年ぶりだったことをその時痛感した。

20代、30代、トレーニングで培った貯金は全て使い果たしていたようだ。

帰る途中、頭の中で細川たかしの「心のこり」のあの一節がエンドレスリフレイン。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

桜はこの週末が満開だと踏んでいたのだが・・・。 [日記]

なんとなくちょっと季節が早く進みすぎているような気が・・・。

東京はすでに満開らしいというニュースが入ってきている。

京都は早咲きの枝垂れ桜は満開の時期を迎えているようだ。

天気予報では明日、明後日、気温が20℃を超えるとのこと。

土曜日に散髪にいってきた。我が家からはモノレールを利用して行っている。

高校一年生の頃からお世話になっているので、すでに40年の時が流れている。

マスターは昭和17年生まれ。数年前に奥様を癌でなくしてからは一人(娘さんはいる)。

で、髪を切ってもらいながら話ししていると1月後半から2月いっぱい、入院していたとのこと。

夜中に突然息苦しくなったらしい。

そして、近所の救急病院に駆け込んだそうだが、門前払いされたらしい。

そういえば、大病院は町医者の紹介状がないと診てもらえなくなったと聞いたことがあるが・・・。

救急車を利用していれば、診てもらえたみたい。

うーーーーん、なんか違うぞ、と思ってしまうのは僕だけだろうか?

確かに大病院の混雑解消のために、町医者にまずかかってから、というのは理解できる。

しかしながら、町医者で救急対応してくれるところなんてほとんどないだろう。

もちろん、昔ながらで自宅と医院が同じ敷地内にあるならわかるが、普通は通いじゃないのか?

では、救急対応してもらおうと思ったらそれなりの設備がある大病院となるのではないか?

一方、ニュースでは救急車をタクシー代わりのように利用する利用者に対して非難の声があがっているではないか?

だとすれば、これしきのこと救急車を呼ぶほどではない、なんとか自力で行こうとする人がいても不思議ではない。

しかし、自力で行くとガードマンに止められて中にも入れてもらえないなんて、どう考えても主旨が違うのではないか?


高野川

2016年高野川べり SONY RX100mark4

マスターいわく。

少々のことでも救急車を呼ばんとあかん。呼ぶのが恥ずかしいとか思ってたら、診てもらわれへんからな、っと。

だったら、警備員の目の前で救急車要請したったらよかってんって言ったら、「ほんまやな」って笑ってはった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感